英会話 SSEA (セブンシーズ・イングリッシュ・アカデミー) 公式サイト

英会話SSEA「氷川台校」「地下鉄赤塚校」公式サイト。練馬区・板橋区でメディアも高く評価する人気沸騰中の英会話レッスン。英会話・TOEIC・TOEFL・IELTS・ビジネス英語・ツーリズム・受験・留学・ホームステイ・米国大学進学。英会話 SSEAは板橋区下赤塚・上板橋、練馬区田柄・光が丘・氷川台から「誰もが身近に英会話に親しめる社会の実現」を目指す英会話スクールです。

TEL:氷川台校 03-6877-0720 地下鉄赤塚校 03-6671-0216
E-mail : 氷川台校 ssea.hikawadai@gmail.com
地下鉄赤塚校 sevenseasenglish@gmail.com
Online Check-in 活用法

Online Check-in 活用法

中々使用した経験がある方は多くないかも知れませんが、飛行機に乗るために「オンラインチェックイン」が出来るとお聞きになったことはないでしょうか。国内線では手荷物が無ければゲートに直行できるメリットがありますが、海外旅行の場合、「どうせ空港で荷物を預けるのに、前もってオンラインでチェックインして何か良いことがあるの?」と思われる方がほとんどかと思います。僕もずっとそう思っていました。ですが年末年始の米国旅行の際に、思わぬメリットを発見したのでご紹介したいと思います。

最初に、どんなメリットがあったかと言うと、僕の場合は次の3点でした。

① 希望の座席をゲットできた。
② 空港でのチェックイン待ち時間が短縮された。
③ 紙のボーディングパスが減った。

まず、どうして僕がオンラインチェックインをするに至ったか、経緯からご説明したいと思います。2013年の年末年始の旅行であったので、僕は7月の時点でユナイテッド航空のサイトで正規割引の航空券を購入しました。だいぶ早く購入したつもりだったのですが、さすがは年末年始だけあって許容範囲の値段(燃油サーチャージを含めて往復15万円前後)の航空券は、もうギリギリのタイミングでした。購入したのはユナイテッド航空のチケットですが、一番安いチケットはコードシェア便であったため、国際線区間は行きは深夜の羽田発、帰りは夜の成田着のANA運航便になりました。まあユナイテッドに乗るより得した気分になりましたが(笑)。

ついでに座席も予約しておこうと思ったのですが、席は3人掛けの窓側の席しか取れないと言うのです、まだ7月にも関わらず…。 長距離の国際線にお乗りになったことのある方はお分かりかと思いますが、長距離便は通路側を予約するのが鉄則です。窓側だと、トイレなどの際に眠っている通路側の他人を起こす羽目になるからです。また通路側が取れても、3人掛けだと逆に起される羽目になりますので、3-3-3の並びではむしろ中央の3人掛けの通路側の方が良かったりします。深夜発で(乗り継いで)早朝に米国に到着する便で眠れないのはキツいのでなんとか快適な席が欲しかったのですが、もう全て予約されていてどうしようもないと言います。困った…と思い、たまたまユナイテッド航空のマイレージを持っていたので、行きだけでもエコノミープラス(2-4-2の座席配置)か、最悪ビジネスクラス(2-2-2の座席配置)にアップグレードしようとしたのですが、なんと運航がANA便であるため一切のアップグレードが出来ないと言うのです(怒)。ユナイテッド航空の航空券なのにユナイテッドのマイルが使えないなんて予想外でした。そんな馬鹿な話あるかとユナイテッド航空に散々文句をつけ、ANAの予約センターとも掛け合いましたが、どちらもどうしようもないと繰り返すのみ…コードシェア便ってすごくグレーゾーンがあるんですね…。

諦めず何回も電話をかけていたら、ANAの担当者がこんなことを言い始めました。「当日、空港で空席を確認して下さい」「出発の24時間前から、オンラインチェックインで空席があれば変更できます」と…。実は飛行機の座席には、「事前に予約できる座席」と、「当日空港でしか予約出来ない座席」の2種類があります。特に非常口の脇にある、前に座席がない場所(CAとの「お見合い席」なんて呼ばれたりしますね)などはこの「当日にならないと予約できない席」に含まれるのですが、それが24時間前からオンラインチェックインで取れてしまう…。これは目からうろこで、僕らにとってはまさに最後の希望でした。ユナイテッド航空の予約番号とは別に、ANAの予約番号があるのでそれでログイン出来ます、とその担当者は予約番号を教えてくれました。「しつこい客だ」と思われたのかも知れませんね(笑)

出発の24時間前、僕は電話の時報をスピーカーホンにして、秒単位で正確にANAのオンラインチェックインに臨みました。すると、見事に「お見合い席」が空席になってるじゃありませんか!かくして僕は予約は難攻不落と言われるお見合い席をゲット出来たのです。前の座席が無いので、足元も広々…もちろん他人を起こす必要も起こされることもありません。まさに「災いが福に転じた」瞬間でした。
味をしめた僕は帰りの出発時間(シカゴ発アメリカ中部時間)を計算し、やはり24時間前きっかりにマイアミのショッピングモールの駐車場でiPadを使って帰りのオンラインチェックインを行いました。お見合い席は取れませんでしたが、壁の後ろの足元の広い席が取れ、帰りも快適にぐっすり眠って帰ることが出来ました。お見合い席が埋まっていたのは解せませんが、おそらく航空会社にコネがあれば事前に取れてしまうのでしょう。世の中、不公平ですね(笑)

<最前列なので足元も広々、同じエコノミーでも全然違いますね>

IMG_1998

また、オンラインチェックインをすると当日空港で「手荷物預入れ専用カウンター」を利用できるので、少なくともチェックインの長い行列に並ぶよりはマシになります。あと、スマートフォンにバーコード表示するボーディングパスを使用できる(ただし乗り継ぎ便は紙になります)ので、地味に嬉しいですね。紙のボーディングパスって、大きくていつもしまう場所に苦労します。セキュリティチェック、イミグレーション、搭乗する際と、3回も提示させられますからね…。少なくとも座席は当日の空席があればウェブ上で見ながら好きな場所を取れますので、それだけでも使う価値アリだと思いました。旅行会社発行の格安航空券やツアーの航空券はどういう扱いになるのか分かりませんが、もし事前に予約番号が分かっている場合は皆さんもぜひ試してみて下さい。

※ 英会話SSEAが『みんなの英語ひろば』の取材を受け、特集記事が掲載されました。ぜひご覧ください!

無料体験レッスンのお申込み・お問い合わせは以下のページの「お問い合わせフォーム」より。

氷川台校 スクール情報

地下鉄赤塚校 スクール情報

« »