英会話 SSEA (セブンシーズ・イングリッシュ・アカデミー) 公式サイト

練馬区・板橋区でメディアも高く評価する人気沸騰中の英会話レッスン。英会話・TOEIC・TOEFL・IELTS・ビジネス英語・ツーリズム・受験・留学・ホームステイ・米国大学進学。英会話 SSEA「地下鉄赤塚校」は、板橋区下赤塚、練馬区田柄・光が丘から「誰もが身近に英会話に親しめる社会の実現」を目指す英会話スクールです。

TEL.03-6671-0216

〒179-0073 東京都練馬区田柄2-32-21 スカイプラザ3F

「台湾」について考える

「台湾」について考える

「え?台湾って、台湾って言う国でしょ?」

おそらく、かなりの数の日本人の皆さまは、このような認識かも知れません。この認識は実質的には正解ですが、国交上、あるいは世界の中での認識としては不正解です。実際に、日本政府は台湾を国家としては認めておらず、中華人民共和国の一部と言う扱いにしています。ですので、日本と台湾の間には正式な国交はありません。これだけ身近で親日的な国であるにも関わらず、です。これには、台湾がたどって来た苦難と挑戦の歴史が大きく関係しています。

<中華民国(台湾)と中華人民共和国(中国)の国旗>

台湾の正式な国家名は未だに「中華民国」(Republic of China)であり、「中華人民共和国」(People’s Republic of China)と内戦状態にある国、つまり中国が2つに分かれている状態であると言うのが最も正確な表現でしょう。台湾が戦時中は日本の統治下にあったのはご存知の通りですが、日本の敗戦によって、台湾は中国に返還されることとなりました。その第二次世界大戦の後も中国では共産党と国民党の内戦が続きましたが、結果として中国大陸では毛沢東率いる共産党が勝利し、中華人民共和国が建国されました。破れた蒋介石率いる国民党は台湾へ逃れ、そこで建国されたのが中華民国(台湾)です。そして内戦が収まった後も、両政府は自らが正統な中国政府であると主張し続けました。中華人民共和国は共産主義国家であったため、当初西側のアメリカを始めとする自由主義陣営は中華民国と国交を樹立しましたが、次第に大陸を実際に統治する巨大な中華人民共和国との国交を結ぶ国が現れ始め、ついに1972年にはアメリカのニクソン大統領が中華人民共和国を訪問し、中華人民共和国を唯一の中国の正統な政府として認め、台湾はその一部であると言う「一つの中国」論が世界の主流となってしまったのです。その流れに日本政府も逆らい続けることができず、同1972年に日本政府も中華人民共和国を中国の正統な政府として認めると同時に、その一部である中華民国政府とは断交を余儀なくされることとなりました。2017年時点で世界で台湾を国家として承認している国はわずか20か国ほどであり、そのほとんどが南太平洋やアフリカ、中米の小国ばかりです。近年では中国政府がマネーパワーを絡めてこれらの国への圧力を強めており、最近ではパナマがついに台湾との断交に至りました。

では、台湾は本当にこのまま中国の一部になってしまうのかと言うと、可能性はゼロではありませんが、すぐにそのような事態になる可能性も低いと言えます。その最大の理由はやはりアメリカで、台湾と中国は1つの国であるとしながらも、実質的にはアメリカと台湾は同盟関係にあり、アメリカが背後で守っているため中国も手を出せずにいるという、ある種のにらみ合いの状態が続いているからです。アメリカには「台湾関係法」と言う法律が存在し、もし中国が台湾に侵攻した場合は、アメリカは台湾を守ることが法律で定められているのです。アメリカにとって台湾は、日本と一体となって中国の海洋進出を防ぐための重要な要衝であり、日本~台湾で形成される防壁(第一列島線と呼ばれます)はアメリカが絶対に譲れない防衛ラインになっています。実は、米軍基地が沖縄に集中しているのもこの点が大きく関係していて、日本・韓国・台湾と言うアメリカの同盟国を守るには、中間に位置する沖縄に基地を置くのが最も理想的だからです。よく「日本政府も米国政府も沖縄をないがしろにしている」と主張している人がいますが、これは全く本質的な事が見えていません。どちらの政府も沖縄に負担を押し付けたくてそうしているのではなく、このような国際関係上「そうならざるを得ない」と言うのが正解です。ですが、もちろんそれを口実にして沖縄の人々に過剰な負担を掛けるのは間違っています。少しでも沖縄の人々の負担が軽くなるよう、日本政府には最大限の改善策を実行して行く義務があります。

<東アジアの地図。沖縄は米国にとって戦略上非常に重要な位置にある>

話がだいぶそれましたが、台湾に話を戻したいと思います。台湾人と中国人は同じ漢民族ですが、そのたどって来た歴史と築いて来た文化や国民性は全く異なるもので、もはや同じ民族とは呼べないものです。台湾には選挙があり民主主義が根付いており、自由主義社会の中で経済を力強く発展させて来ました。年配の人には日本の教育で育った方も多く、その影響かどうかは分かりませんが、礼儀正しく、親切で暖かく、勤勉で、人懐っこく優しい性格の人が多く、何より世界一の親日国です。台湾に行けば英語よりも日本語が通じ、日本の文化や食べ物、お馴染みの商品やお店があふれていて、日本人だと言うだけで親切にされます。日本に旅行する人や日本語を勉強する人も多く、正に日本の親友と呼ぶべき人々です。僕も数多くの台湾人の友人がいますが、みんな良い人間ばかりで、いつも最大限におもてなしをしてくれます。本当に愛すべき人々です。

<いつも暖かく迎えてくれる台湾の友人たち。怪我をしたら車椅子を押してくれ、自宅に泊めてもらった事も>

お年寄りの方々は日本の統治時代を懐かしく思い出しては、日本語で話しかけて来てくれます。日本統治時代に台湾のダム建設と水利事業に尽力を尽くした八田與一は今でも台湾の教科書に取り上げられていて、台南市では毎年八田の功績を祝う式典が続けられています。最近、地元の住民がずっと守って来た八田の像が親中派の議員に破壊されると言う事件が起こりましたが、その事に多くの台湾人が心を痛め、像はすぐに再建されたそうです。

<台南市に設置されている八田與一の像と破壊された直後の写真>

そのような最も身近な愛すべき国と正式な国交がないと言う事に、正直なところ僕は違和感を覚えます。もちろん、台湾と中国が戦争をして分離することを望んでいる訳ではありません。しかし、台湾は台湾であり、中国の一部では決してありません。もし中国が本気で台湾に侵攻しようとした場合、本当に日本は黙って見ていることしか出来ないのか。もちろん憲法9条がある限り、日本に出来ることは何もありません。ですが、そう言った事態にならないように、何か日本に出来ることはないのか、日本人はもっと自らの親友の力になるべきではないのか、いつもそのように考えてしまいます。現在の中国の国家主席である習近平は台湾統一に並々ならぬ執着心があると言われており、在職中に何らかの行動に出る可能性は否定出来ません。

東日本大震災が起こった際、日本に最も多額の援助をしてくれた国は台湾だと言う事実を、日本の皆さんはどれだけの方が知っているでしょうか。その額は141億円にも上り、これは台湾の1世帯あたりで計算すると、実に1600円以上にもなります。皆さまが募金をする際に、1,000円と言う金額を募金された事はありますか?僕は恥ずかしながら、いつもせいぜい100円が限度です(台南地震の時だけはお礼の気持ちを込め1,000円を募金しました)。 つまり台湾人のほとんどの人が、日本に非常に多額の支援をしてくれたはずです。台湾の人口は約2400万人、これは韓国の半分、アメリカの13分の1、中国の60分の1の数字です。台湾の物価や賃金が日本より低いことを考慮すれば、これがどれだけの意味を持つか、お分かり頂けるかと思います。その台湾が世界一の援助をしてくれたにも関わらず、日本政府は公式に台湾にお礼を伝えることすら出来ませんでした。僕は日本人として、これは本当に恥ずかしく情けない限りです。

<台湾からの暖かい支援を忘れてはいけない>

1997年に香港が中国に返還されて以来、香港の中国化が止まりません。香港市民の自由と生活環境の質はどんどん悪化しており、チャイナマネーの安全な投資先として香港の不動産がどんどん値上がりし、香港市民は高額な家賃や狭い住環境に苦しみ、安全な生活物資を香港で買い占めて行く中国人のために必需品も不足し、テレビでは毎日のようにその日の大気汚染状況(中国大陸から流れて来る)が報道され、民主化を求めるデモが盛んに行われています。その香港市民の1人が、僕の台湾人の友人にこう言ったそうです。

「台湾は、香港のようにはならないで」

<2003年と2017年の香港の写真。大気汚染が悪化したのが良く分かる>

日本は先進国の一員として、また世界で3番目の大国として、世界で果たすべき義務があるはずだと僕は思います。「自分の国さえ良ければそれで良い」では許されないはずです。それはもちろん、戦争に参加すべきだと言う意味では決してありません。しかし少なくとも、台湾のために出来ることは何かないのでしょうか。民間レベル、経済レベルでの協力や結びつきを強化して、台湾が中国に飲み込まれないように果たすべき義務があるはずです。

日本を最も愛してくれている国について、皆さまにも少しでも考える時間を取って頂けたら、そして些細な事でも、例えわずかであっても実行に移して頂けましたら幸いです。台湾がいつまでも今の暖かい台湾でいられる事を、切に願うばかりです。

 

※ 英会話SSEAが『みんなの英語ひろば』の取材を受け、特集記事が掲載されました。ぜひご覧ください!

無料体験レッスンのお申込みお問い合わせはこちら。

スクール情報・お問い合わせ

« »