英会話 SSEA (セブンシーズ・イングリッシュ・アカデミー) 公式サイト

英会話SSEA「氷川台校」「地下鉄赤塚校」公式サイト。練馬区・板橋区でメディアも高く評価する人気沸騰中の英会話レッスン。英会話・TOEIC・TOEFL・IELTS・ビジネス英語・ツーリズム・受験・留学・ホームステイ・米国大学進学。英会話 SSEAは板橋区下赤塚・上板橋、練馬区田柄・光が丘・氷川台から「誰もが身近に英会話に親しめる社会の実現」を目指す英会話スクールです。

TEL:氷川台校 03-6877-0720 地下鉄赤塚校 03-6671-0216
E-mail : 氷川台校 ssea.hikawadai@gmail.com
地下鉄赤塚校 sevenseasenglish@gmail.com
SSEAの学習法

英会話の学習で大事なこと

難しい文法よりシンプルな単語とフレーズ

 英語は言葉ですから、ボキャブラリー(単語力)は最も重要です。たとえつたない英語でも、必要な単語を知っていれば最低限自分の言いたいことを伝えることは出来ます。ですから英会話を身につけるためには、最低限の単語と文法を覚えた上で、例え細かい文法や発音が間違っていても、伝えたいことをどんどん繰り返し口に出していく事が大切です。実際、海外へ留学すると、欧州や南米からの留学生が、細かい文法が間違っていたりおかしな発音をしたりしますが、それでもスラスラと話すことに驚かされます。これは彼らの文法や単語が英語と近い関係にあるため、一般に英語脳といわれる能力に近いものを初めから備えているからです。例えば、こんな文章を見てみましょう。

 "I go supermarket yesterday."

 中学生でもこの文章が間違いだらけなのは分かりますよね…。ですが、少なくとも「きのうスーパーへ行った」んだな、ということは伝わると思います。実際に世界にはこのようなおかしな英語も氾濫しています。コミュニケーションの手段としては、それでも良いのかも知れませんね(笑)ですから、難しい文法を知っていることより、最低限の文法と必要な単語を知っていることのほうが大切なのだということがお分かりいただけるかと思います。実際に、英会話の60%から70%は中学生程度の文法で十分だと言われています。それにも関わらず日本人の大部分が英語を話すことが出来ない原因は、単語の知識の欠如と「口に出して、会話をする」という最も大切な訓練が絶対的に不足しているためです。これは日本の学校の英語教育そのものに問題があり、日本人が英語を話すことが出来ないのは、ある意味当たり前の結果と言えます。 

基礎の積み上げと実践的なトレーニングの両立

 では、日本人も単語だけ勉強すればいいのか、と言うとそうではありません。日本語は英語とは全く異なる文法を持っていますから、英語脳を構築する第一歩としてはまず最低限の文法を理解したうえで、その知識を持って正しく会話の訓練をすることが望ましいのです。そのためSSEAでは会話クラスでもレッスン内で文法の説明を行ったり、間違っている文法は指摘して矯正して行く指導を行っております。サッカーに例えれば単語・文法は筋力トレーニングやランニング、会話はボールを使った実践的練習と言えるでしょう。どちらが欠けても英語が上達することはありません。よく外国人とのフリートークだけを設けている英会話レッスンがありますが、フリートークだけではその場限りの会話ですぐに忘れてしまい文法の知識や単語力は向上しませんし、耳も慣れておらず文法と単語の知識もない状態で外国人といきなり自由な会話だけをすることは初心者にはまず不可能な学習法であり、おそらく時間とお金の浪費となってしまうでしょう。また逆に、必要以上に文法だけを重視した学習や、テキストを音読するだけの学習も逆効果です。実際に会話をする際に、いちいち文法を思い出したり、テキスト通りの文章をそのまま使える可能性はほとんどありません。文法の基本的なルールだけを理解したら、単語を自分で組み合わせて「考えて自分で文章を組み立てる」訓練をどんどん口に出して行って、頭と耳に英語を「染み込ませて」行かなければ、英語の感覚や応用力が全く身につきません。

「正しい英語」にこだわりすぎない

 SSEAではどんな初心者からでも確実に英会話が上達するよう、写真などを活用し視覚を使って学ぶ入念に工夫されたカリキュラムを設けております。もちろん「明らかに間違った英語」を身につけるのは良くありませんが、最初は簡単な単語と文法、日本人的な発音でも良いのです。ネイティブ同士だって、アメリカとイギリスとオーストラリアでは発音や表現は違うのですから。シンガポールやインドでは公用語として、独特の発展をしています。国同士はもちろんアメリカ内部だけ見ても、北部と南部、あるいは人種によっても異なる英語を話しています。英語はいまや「世界の共通語」であってそれぞれの国や地域・民族で異なる英語が使用されており、絶対の正解はないというのがSSEAの考え方です。どの英語が「正しい」かを決めることにはもはや意味はありません。ですから例え完璧でなくても、シンプルなフレーズを繰り返しどんどん口に出して英語の感覚を「体に染み込ませて行くこと」がコミュニケーションの手段としての英語を学ぶ第一歩です。それは赤ちゃんが言葉を覚えて行く過程と同じことで、時間をかければ誰もが必ず出来るようになる事です。ですので「自分には無理かも」という事は決してなく、日本人的な発音を恥ずかしがる必要も全くありません。初心者の方でもご安心してご参加下さい。

文字だけではなく「視覚」を使って学ぶ
「ピクチャースタディ」

 SSEAの学習法の最大の特徴は、文字だけに頼らず「視覚を使って学ぶこと」です。SSEAではこの学習法を「ピクチャースタディ」と呼んでいます。日本のほとんどの英語教育は文字を中心とした学習法ですが日本の英語学習の最大の問題はそこにあり、日本人が小学校・中学校・高校・大学と10年以上英語を学んでもそれを「コミュニケーションの手段」として会話で全く使いこなせないのは、この「文字に頼っている」ことが最大の原因です。
 みなさまが実際に英語で会話するとき、当然ですが何かを読みながら会話をすることはまずありません。ところが文字を使って学習するとそこにある文字を「読むことが出来て」しまうため、文字がなくなった時には頭の中だけで文章を組み立てることが全く出来なくなってしまいます。また「読んで」いるうちは文字のサポートがあるが故に、日本語とは全く異なる「英語の感覚」が全く身に付きません。
 SSEAではこの根本的に間違った学習法を正すべく、視覚を使った「ピクチャースタディ」を取り入れています。単語だけでも文字を見るより実物のイメージを実際に見た方が記憶に深く残りますし、目で見た情報だけで英文を組み立てる、必要な単語を自分の頭の中で頭の中で応用することが出来るようになって初めて、英語を「会話として」使いこなすことが出来るようになります。文字読むだけ、聞くだけ、繰り返すだけと言うような「受動的な」学び方をするのではなく、あくまで「自分で考えて、会話する」という「能動的な」とレーニングを行わなければ、英語を会話として「話す」ことが出来るようにはならないためです。
 しかし一方で文字は一切なくても、ただおしゃべりをするだけの「チャットレッスン」は実はあまり効果がありません。チャットレッスンは全てが「その場限りの会話」であるため、レッスンが終わっても身に染み込まずそのまま忘れてしまうことがほとんどです。チャットレッスンを長期間繰り返すと文法的な正確さやボキャブラリーが向上しないばかりか、下手をすると自己流の「間違った英語の感覚」がそのまま固まってしまう可能性があります。ですのでSSEAではあくまでテキストをガイドラインとして用いて各レッスンに一定の「文法テーマ」を持たせつつ、その中で文字だけに頼らず視覚を使いながら英文を組み立て単語を応用できるようなカリキュラムを組んでおります。生徒さまにもメディアの取材でも非常に高い評価を頂いているこのオリジナルのカリキュラム「ピクチャースタディ」の学習効果を、ぜひ一度お試しください。

レッスンが「楽しい」ことは何より大切

 最後に、英会話を上達させる一番のコツをご紹介いたします。それは学習を「楽しむ」ことです。英会話は言語ですので、短期間にその能力が劇的に向上することはあり得ません。子供が言葉を覚えるのと同じように、長期間をかけてコツコツと積み上げて初めて、英語を「話せる」ようになります。そして学習を継続するためには「楽しめる」ことが何より大切です。コミュニケーションを「楽しむ」ことが出来れば「レッスンに通いたい」「もっと英語が話せるようになりたい」と自然に思えるようになりそれが自分が頑張る力にもなって行きますが、反対に「楽しくなければ」それは学校の勉強やテストと同じ「義務」となってしまい、意欲も徐々に失われてしまいます。そして残念ながら、日本の英語教育のほとんど全てが「楽しくない」のが現状です。
 SSEAでは生徒さまお一人おひとりにコミュニケーションを「楽しいもの」として捉えて頂き、楽しいから頑張りたいと思って頂くことが何より大切だと考えております。ひとたび英会話を「楽しい」と感じれば、あとは自分の力でどんどん伸びて行くものです。ですので、ガリガリ頑張りすぎないことも逆の意味で大切です。
 SSEAでは英会話を「楽しんで」頂くために、「参加することが楽しみになる」ようなカリキュラムと、何よりも「会いに行くことが楽しみになる」ような最高の講師陣のみを、その人柄まで含めて徹底的に厳選した上で採用しております。SSEAの講師陣が「最高である」のは、英語力や指導経験だけではなくその「講師自身の魅力がある」からです。ぜひSSEAに、コミュニケーションを「楽しみに」来て頂けましたら幸いです。

ネイティブ講師クラス

「ダイレクトメソッド+ピクチャースタディ」

 SSEAのネイティブ講師クラスではダイレクトメソッド(直接教授法)に視覚によるピクチャースタディを組み合わせたレッスンを行っております。ダイレクトメソッドとは英語を英語によって学習する手法で、英語脳を構築するための最も一般的な学習法ですが、テキストのみでは英単語や文章をイメージするのが難しいという弱点がありました。テキストのみで学習すると言うことは、それは書かれている文字を「読んでいる」だけであり、あくまで文字があるから口に出せるだけの状態です。実際に人と会話するときには、当然、空中には文字はありません。そこで当スクールでは補助教材として写真や動画、図やインターネット上の情報等を駆使して、英語を英語のまま学習する際に状況をイメージし文字に頼らず英語を話すことが出来る状況を作り出すように工夫しております。写真などを視覚的に用いることによって、いま自分がどんな話をしているのか、講師が何を話しているのかがイメージとして残りますので、ただ文字を読んで繰り返す学習法の何倍もの効果を得ることが出来ます。
 また、ネイティブ講師コースではフリートークを必ずレッスンの最初に設けています。たとえつたない英語でも、自分が話したいことを自分で考えて英語にする訓練は非常に大切です。ただ既存の文章を読んで繰り返しているだけでは、英語を上達させることは不可能です。テキストと同じ文章を暗記したとして、それを実際の会話で使う機会がどれだけあるでしょうか。おそらくほとんどないでしょう。実際に会話をする際には、自分で考えて単語を組み合わせて行く必要があるのです。この「自分で考えて英語を話す」訓練を日常的に行うことによって、英語脳の構築とコミュニケーション力の向上を図る必要があります
 SSEAではこのように、ダイレクトメソッドのウィークポイントをフリートークとピクチャースタディによってカバーし、まるで英語圏で実際に生活しているような環境を創り出しています。初心者や中学生から英語の上級者に至るまで、一流の講師と独自の学習法によって、英会話を上達させるために最も適切で効果の高い環境を提供しております。テキストも海外で発行された英語のみで記述されたものを用いておりますので、まさに英語漬けの中身の濃い環境をご体験頂けます。

<使用テキストの例> 
小中学生向け   : SIDE by SIDE (PEARSON)
高校生・一般向け : interchange (Cambridge)
ビジネス英語向け : MARKET LEADER (PEARSON)

 SSEAのネイティブ講師クラスのレッスンは、英会話の口コミサイト『みんなの英語ひろば』の取材を受けて高い評価と共に特集記事に掲載されました!『みんなの英語ひろば』の特集記事も、併せてぜひご覧ください!


https://eigohiroba.jp/t/338

日本人講師コース

「ピクチャースタディ」+「反復と応用」

 SSEAでは初級者向け日本人講師のコースでこの学習法を導入しています。この学習法はただ楽しいことだけがメリットではありません。そこにはテキストでの学習やフリートークでは実現出来ない「英会話を上達させるコツ」がいくつも隠されています。
 まず視覚による学習の必要性についてご説明いたします。皆さんが実際に英語を話すとき、テキストを読んだり音を聞いてから会話することは当然出来ません。実践では視覚のみが頼りにすることが出来る唯一の情報になります。ですので、「読んで話す」「聞いて話す」のではなく、「目で見て話す」訓練をしなければならないのです。読んだり聞いたりして口に出した英語は、ただ読んだり暗記したりしているだけなので実践での応用が効きません。また文字を読んでしまったのでは頭に残りませんので、会話の訓練は基本的な表現以外は文字のみで学習してはいけないのです。さらに写真はイメージが視覚的に頭に焼き付きますので、学習した英語を覚えやすいメリットもあります。
 次に「反復と応用」についてご説明いたします。余程の語学の天才でもない限り、1回だけ口に出した文章が身につく方はほとんどいません。また、レッスンで口に出した文章と全く同じ文章を実際の会話で使う可能性は限りなく低いでしょう。ですのでSSEAでは、同じような、それでいて全く同じではない文章を複数回リピートします。こうして会話の訓練を繰り返すことで基本的な表現と「英語の感覚」を体に染み込ませると同時に、状況に応じて単語を組み合わせる応用力を養うことが出来るようになっています。また大切な単語ほど何度も繰り返し利用するので、学習を繰り返すことでボキャブラリーの形成が自然と計られます。この「反復と応用」の効果は絶大で、ただフリートークをするよりも何倍も早く会話力を向上させることが出来ます。
 以上のように、視覚を利用した学習法は楽しいだけでなく、英会話を上達させる効果も絶大です。たとえ週に45分でも、1年ほど受講された生徒様の上達ぶりには講師の方も驚かされるばかりです。もちろんレッスン内にはテキストを使った学習(基本的な表現)やフリートーク(言いたい事を表現する)のセクションもありますが、ピクチャースタディの目的は視覚を利用しながら反復と応用を繰り返すことで「英語的な感覚」を体に染み込ませ形成する事にあります。この感覚を養うことが英語を言葉として話すためには不可欠な要素だからです。英語を「話せるようになりたい」とお考えの方は、ぜひ1度この「ピクチャースタディ」の効果をご体験下さい。

会話レッスンの流れ

 会話クラスではまず日常のあいさつに始まり、それぞれどんな一週間を過ごしたか、学校や仕事ではどんなことがあったか、休日は何をしたか、趣味の話や将来の目標、現在の社会問題に至るまで、様々な内容について英語で会話するフリートークを設けています。グループレッスンでも定員2名の徹底した少人数で講師がお一人おひとりにしっかりと話しかけますので、クラスで話せずに終わってしまうということは決してありません。また、クラスメイトが使用した単語や会話表現も重要な学習内容です。
 こうしたフリートークに続いて、SSEAではテキストのテーマに沿って写真や図などの補助教材と共に視覚を使って学ぶ「ピクチャースタディ」を導入しております。テキストの一定の文法トピックに沿いつつ、様々な状況について「何をしているのか」「何があるのか」「どんな場所なのか」「天気はどうなのか」「次はどんな状況が考えられるか」「自分の場合だったら」などを目で見て考え、英単語を組み合わせて口から出して訓練して行きます。 
 SSEAのレッスンではテキストをただ読んで繰り返したり復唱するのではなく「目で見た状況を自ら考え、単語を組み合わせ、文章を作り、口に出して行く」、この過程を重視していますので、実践的で応用力のある「生きた英会話」を学ぶことが出来ます。

文法クラス・試験対策クラス

(入試・英検・TOEIC・IELTS対策等)

 文法クラスではテキストを使用して、中学・高校で学ぶ英文法の基本を学びます。また、単語の学習や文法問題、長文問題集などが宿題として課され、確認テストで学習内容の定着を図ります。2名以下の少人数クラスで、講師が生徒さまお1人おひとりの理解度を把握しながら授業を進めますので、英語が苦手な方でも分かるまでじっくりと学び質問をすることが出来ます。分からないことはためらわずに質問するという主体性が養われるのも、少人数でのクラスならではのメリットです。
 日本人講師クラスのマンツーマンコースをご受講の生徒様には、英検2級~5級対策、高校受験・大学受験対策、TOEIC文法・長文読解クラス、IELTS作文添削・面接対策なども行っております。マンツーマンクラスではその生徒さまのニーズに合わせたレッスンがオーダーメイドでご受講できますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

宿題・テスト

目標イメージ

 コースの内容に関わらず、単語の学習とテスト(希望者のみ)やクラスの復習(全ての生徒さま)が家庭学習として宿題となります。英語を初めて勉強するお子さまやボキャブラリーが十分でない生徒さまには、生徒さまに応じた単語の学習を課題としてお出しして、レッスン内で復習してその単語を応用し文章を作るトレーニングを行い、定着を図って参ります。 試験対策クラスをご受講の場合は、宿題に加えて単語や文法のテストを行います。
 英語・英会話のスキルは学習量に比例して上達します。そのため、日頃の家庭での学習・復習によって次のレッスンまでに学習内容を定着させ、それを次のレッスンにて実践して行くことが非常に重要であることを、何卒ご理解下さい。

※ 写真はすべてイメージ画像です。