第263回TOEIC公開テストで生徒さまが170点のスコアアップを達成されました、おめでとうございます!

2021年2月28日に行われた第263回TOEIC公開テスト(L&R)にて、SSEAにて1年ほど受講された生徒さまが420点から590点へと170点もの大幅なスコアアップを達成されました、おめでとうございます!

TOEICは「コミュニケーション力」を測定するテストのため机上の試験対策だけでは効果が表れにくい場合もありますが、今回の生徒さまは「会話・文法パラレルコース」にて会話力と文法知識をバランスよく伸ばされた結果、わずか1年程度での驚きのスコアアップに繋がりました。TOEICのリスニングパート(Part1~Part4)はすべて欧米5か国(アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド)の英語にて吹き込まれるため、日々こうした国々の「英語を第一言語とするネイティブスピーカー」と会話を持つことは一見遠回りに見えて、結果として非常に大切な要素となります。

今後の社会はすべての労働者がTOEIC700~800点といった日常会話レベルのコミュニケーション力を持っていることが最低条件となります。これを見越してすでに多くの企業が管理職への昇進条件にTOEICの最低スコアを設定しています。外国人労働者と共存し国際取引やオンライン会議の中で日々の業務が行われ、すべての人が共通語として英語を話すことが当たり前となる時代はもうすでに現実化しています。

こうした時代に必要なコミュニケーション力は数年にわたる小さな積み重ねによってのみ身に付けることが可能なものであることは、自ら英語を学習して身に付けた経験がある人材なら誰もが知っている事実です。この調子で学習を継続して、ぜひ700点、800点オーバーを達成して就職や転職、昇進などの成果にもつなげて行きましょう。この度は素晴らしいスコアアップ、本当におめでとうございます。

Congratulations!

2021年4月9日