大学合格おめでとう!早稲田大・立教大・明治大などの合格報告が届きました!

2020年度の大学受験も終了し、4月から晴れて大学生になったみなさま、本当におめでとうございます。

SSEAでは今年から変更となった大学受験システムを乗り越えて一流大学へ進学したSSEA出身の生徒さま方から、合格報告がたくさん届きました!

今年も早稲田大学、立教大学、明治大学を始めとして、一流大学や有名大学の合格がたくさんありました。特に小さなころからSSEAで英語の基礎を学んでいた生徒さまからは、リスニングやコミュニケーションのパートや長文リーディングが得点源になり新しい試験制度にも有利に対応出来たとの声が届いています。

共通テストでも文章量が増え、知識や文法偏重の入試から真のコミュニケーション力が問われる内容への質的な変化がハッキリと見られています。こうしたスキルは一過的な受験勉強ではカバー出来ず、長期に渡る会話の積み重ねが見えないうちに貯金となるものです。

英語学習の姿や社会環境は、変わりつつあります。ぜひSSEAにて一生ものの英語学習に取り組んでみませんか。受験にとどまらず大人やシニアの方まで、私たちは英語に関わる生涯学習のお手伝いをしています。

SSEAでは確かな力を身につけるために、無理な詰込みや強制に頼るよりも何よりまず英語に興味を持ち好きになり、自らの力で積極的に力を伸ばせるような姿勢や意識を作るお手伝いをさせていただいています。SSEAに届いた下記の合格体験記もぜひご参考にされてください。

 

合格体験記

「私は中学3年生の冬ごろにSSEAに行き、英会話を始めました。その時まで私は英語に興味を感じることはありませんでした。しかし、英会話でネイティブの先生と英語で会話をすることを通じて英語の楽しさに気づき始めました。それから楽しく英語を勉強するようになり、街中にある英語表記の文章で気になったものがあったら調べるようになりました。その結果、受験勉強の際も積極性をもって勉強でき、早稲田大学の社会科学部や明治大学の商学部に合格することができました。

特に効果があったのは、リーディングのスピードです。社会科学部は受験した中で一番文量が多いと考えているのですが(過去問だと1000字×4文を約80分で読まなければいけなかった)、本番で5分強残して終えられました。私大受験で一番差が付きやすい読むスピードを鍛えられたと感じています。

大学合格をつかみ取れたのは、早めの段階から英語に触れていたおかげだと考えています。英語にまだ慣れていない中、英語を身近なものに感じさせてくださった講師の皆様にとても感謝しています。」

「小中学生初級会話コース」

「会話集中コース」

「会話・文法パラレルコース」

受講(中3~高3:約4年間)、練馬区在住 S君

 

合格、本当におめでとう!自らの努力でつかみ取った結果は、一生の財産になります。それは何よりもまず自分の努力でつかんだことに最高の価値があって、これからもその力が力強く人生を豊かにして行くはずです。

大学ではぜひたくさんの人と出会って、友達をたくさん作って、様々な経験をしてください。これからの一層の成長と活躍をお聞きすることを、講師スタッフ一同楽しみにしています。

Congratulations!

 

2021年4月5日